オリジナルパワーストーンブレスレットをつくろう!

流水でのパワーストーン浄化方法について【特徴・種類】

流水

 

パワーストーンの浄化の方法として、流水を使う場合もあります。
流水は、塩での浄化のあとにも使われる方法であり、
すべてを洗い流し清める方法として、有効な方法です。

 

ただし、水を嫌うパワーストーンもあるので、必ずしもすべての石に使える浄化方法ではありません。

 

水による浄化の方法としては、まずは水道の蛇口を開けて少量の水を流して、
そこにパワーストーンをさらします。
ここで大事なことは、溜めた水にさらすのではなく、流水で浄化する、ということです。

 

時間的には、だいたい30分〜1時間前後がベストですが、
自分が水にさらす石をみて、もう十分だと思ったならそれでよしとする場合もあります。

 

パワーストーンはいつもあなたの心と連動しています。
あなたの心が浄化されたと思うのなら、それでいいのです。

 

多孔性の石、つまりマラカイトやコーラル、ターコイズ、ラピスラズリは水に弱いので使えません。
金やヘマタイトなども水は錆に繋がるので、良くありません。
アンバー、それからパールなども水の浄化には向かないパワーストーンです。
また、これらはアクセサリー加工をされていることが多いと思いますが、
周囲に金属などがついていると、水にくぐらせることで錆の原因になりますので、
他の浄化方法を利用したほうがいいと思います。

 

水での浄化方法は、お手軽で良いように思いますし、
光沢のある、透明度の高い石ではかなり使えるので、
この浄化方法によってこまめに浄化してあげるといいでしょう。

 

上記に挙げた石を除けば、水での浄化はだいたいオールマイティーに使うことができますので、
すこし石の光が陰ったと思われるとき、邪気が溜ってきたと思えるときには、
水を使ってパワーストーンの浄化をしてあげてみてはいかがでしょうか。

 

浄化の方法としては、おおまかに言えば塩、そして日光、水を嫌う石が多く、
もしこれらが向かない場合でも、
他にセージ、土に埋める、月光浴、水晶や音での浄化方法がありますので、
無理に水で浄化することはないですよ。

 

なによりもその石が望む方法で、また、あなたがピンとくる浄化の方法を選んであげて下さい。

スポンサードリンク


私がおすすめするパワーストーン優良店はこちら!



rank1

 


FORESTBLUE 〔フォレストブルー〕


最高級天然石通販ショップのフォレストブルー

フォレストブルー


>>>フォレストブルーさんが他のお店と違うのは、世界市場へ出回る前の良質な天然石を社長自ら海外まで直接買い付けしているところ。社長の青柳さんが、目で見て直接確かめているので、本当に信頼できます。特にルチルクォーツの品揃えはとても素晴らしいです。

詳細

point

◎最高級パワーストーンの取扱店、品川にショールーム兼店舗あり
◎芸能人御用達のお店として有名!
◎シュミレーション形式で完全オーダーメイドのブレスレッドが作れる

送料

返品

イチオシ商品

5000円以上で無料

1ヶ月以内なら返品交換可

最上級ルチルクオーツ